青い目のまなざし―日ロの漫画、読み物、大衆文化考察―

青い目のまなざし―日ロの漫画、読み物、大衆文化考察―

モスクワの地下鉄で読み物を持つのは、車内で時間を楽しく過ごす普通の方法です。若い人も中高年の人も本や新聞や雑誌を読みます。東京では…。
いわゆる現代社会の幼児化は、子供の頃から活字のテキストに触れる機会が少ない事が、問題の根本だとしたら言い過ぎでしょうか。
日本では「罪と罰」などが漫画の形で売られています。ロシアでドストエフスキーの作品は娯楽読み物とは全く思われていません。…中途半端な印象受けるだけでもったいないなと思います。
(日本ユーラシア新聞より抜粋)

クセニア・レシチェンコさん

(今回のお話の論点)

  1. (1)ビジュアルな非活字文化に傾斜する日本の若者と時代風潮。
  2. (2)読書は知的な仕事の一種、人間の思考は言葉によって形成される。
  3. (3)滔々たる娯楽化の流れの中で、娯楽化出来ない物は切り捨てられる(文学の危機)、他。
「日本・ロシア活字文化比較講話」(流暢な日本語で)
主 催 アストライアの会

共 催

au bon cafe
協 力 日本ユーラシア協会 活字文化推進会議 他

ゲスト

クセニア・レシチェンコさん 法政大学国際日本学インスティチュート博士課程
日 時 平成27年1月31日(土)午後2時から5時
会 場 豊島区立勤労福祉会館第七会議室
池袋駅西口より徒歩約10分、消防署先
費 用 お茶代込み参加費二千円(後半の時間はゲストを交えたお茶会です)
連絡先 TEL/FAX 049(258)3218 松原まで info@asutoraia.com
備 考 会場の受け入れの都合で、申し込み先着順とさせて頂く場合もございます。